ブログ

サイト管理人のブログです。

投稿一覧

2022.11.19観望会

午後から雲が広がり、4時ごろには北に少し青空があるだけで

9割が雲におおわれていました。

天気予報も「明日は雨」なので下り坂。

でも不思議。

観望会開始の午後7時30分にはほぼ快晴。

南の遠くの山ぎわに雲があるだけで

頭上には秋の四辺形がまたたき

カシオペヤはその存在感を際立たせています。

 

参加していただいた方には

まず木星を観ていただきました。

きれいな丸い姿に二本のしま模様。

衛星が片方に3つ、もう一方に1つ。

なんだか不思議な光景ですね。

そして土星。

あの「輪」が、いかにも「土星」でしたね。

 

せっかくのきれいな星空でしたので、肉眼で

カシオペヤ座、ケフェウス座、アンドロメダ座、

ペルセウス座、ペガスス座など、古代エチオピア王国の

神話とともに秋の星座をたどっていただきました。

ただ、くじら座は星が3つぐらいしか見えませんでしたね。

 

双眼鏡を使って、すばる、ヒアデス星団、Mel.20、

秋の天の川なども観ていただきました。

 

NGC457は、「何に見える?」といろいろ話になりました。

 

いずれにしても秋の夜空を満喫することができました。

今年の観望会はこれでおしまいです。

また、来年の予定が決まり次第

このサイトでお知らせします。

 

 

 

 

2022年11月20日

2022.11.05観望会

昼間出ていた雲もすっかり消えて

今夜も快晴!

絶好の星見・月見日和。

3日後に満月(皆既月食)を迎える月がまぶしく

その近くには月に負けじと木星が輝く空です。

開始の午後7時30分ごろにはご家族連れがお見えになりました。

夏の大三角、カシオペヤなどを観ていただいて

木星・土星の説明。

「どうしてあれが土星ってわかるの?」の質問にどきどき。

望遠鏡で土星・木星・月などを観ていただきました。

月のクレーターや土星の輪を満喫していただけたかな?

ベガなどの恒星、アルビレオなどの二重星、

二重星団などの星団、M31などの銀河、M27などの星雲も

観ていただきました。

星団・星雲・銀河は「電視観望」と肉眼での見え方の違いも

感じていただけたと思います。

そうこうしているうちに火星が山から上がってきました。

赤い星を観ていただきました。

オリオン座も上がってきました。

ご持参いただいた小さな望遠鏡でも月などを観ることができましたね。

空が明るかったので、星座をたどるのがむずかしい面もありましたが

秋の夜空を楽しむことができました。

遠方からもご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

(二重星団)

2022年11月06日

2022.10.15快晴の観望会

久しぶりの快晴の観望会になりました。

雲ひとつない夜空には、木星が明るく輝き

夏の星座、秋の星座が全天に広がっていました。

 

カシオペヤ座がくっきりと北極星を指し示し、

ペガスス座の四辺形は大きく存在感たっぷりです。

夏の大三角は頭の真上に輝き

はくちょう座からカシオペヤ座にかけて

何となく天の川を感じることができました。

いるか座や、や座も見えていました。

 

望遠鏡では木星、土星を観ていただきました。

木星の衛星は、3つ見えていました。

でも時間が遅くなると4つにふえていました。

土星の輪はとても感動しますね。

二重星は「アルビレオ」を観ていただきました。

色の対比が美しかったですね。

銀河は「アンドロメダ銀河」や「M33」などを電視観望でも

見ることができました。

星団は「ET」「M15」「二重星団」「M45(すばる)」などを観ていただきました。

「星がいっぱい!」でしたね。

星雲は「M57」「M27」。電視観望では迫力がありました。

 

双眼鏡で、秋の天の川を、カシオペヤ座からペルセウス座へたどって

観ていただきました。こちらも「星がいっぱい!」でした。

 

参加していただいた28名の方には、和束の秋の星空を満喫してもらえたと思います。

ありがとうございました。

(M57)

2022年10月16日

2022.9.3観望会は中止

昼間は青空も広がっていましたが

午後6時を過ぎたころから

「奈良県北西部」に大雨警報をもたらした雨雲がやってきて

くろい雲が広がり、稲妻が光り出しました。

ということで観望会は中止しました。

来月は予定を変更して15日(土)に行います。

また、今年は条件が悪い日ばかりでしたので

追加の観望会として11月19日(土)を設定しました。

どこかでスカッと晴れてほしいですね。

2022年09月04日

2022.8.6観望会

暑い日が続きます。

でも空模様はくもりが基調。

今日も一部に青空が見えるものの雲が広がり

一時雨も降っていました。

夕方は、3割ほど青空が見える程度でしたが

うまくいけば雲のすき間からいろんな星を観ることができますね。

8月1日から7日はスターウィークです。

スターウィークにちなんで、

いくつかのパンフレットやリーフレット、カードを準備しておきました。

 

観望会開始の7時30分には、子どもさんを含め

たくさんの方に集まっていただきました。

ただ、空のほうはさっきまで見えていた半月も雲に隠れて・・・

でもしばらく空を見上げていると「あっ、一番星!」と

子どもたちが『こと座のベガ』を見つけてくれました。

そのあとも「2番星!」と『わし座のアルタイル』や

北斗七星の端っこの星『おおぐま座のベナトナッシュ』などを

雲のすき間から見つけてくれました。

でもすぐに雲に隠れてしまいます。

 

なんとかベガを望遠鏡で見ていただきました。

「明るい!」「キラキラ!」「ピカッ!」

アルタイルも望遠鏡で見えました。

「どんな形に見えた?星の形?」「ううん。小さなまる!」

いて座のσ星も望遠鏡で見えました。

やっぱり明るい光の点でしたね。

いよいよ雲が広がり星がひとつも見えなくなりました。

遠くの鉄塔のあかりも見ていただきましたね。

ここで子どもたちは帰途へ。

 

観望会あるあるですが、しばらくすると月が姿を見せました。

半月ですので、欠け際のクレーターの陰影がはっきりとして

また、『海』と『高地』のコントラストがはっきりして

見応えのある月でした。

スマホで撮影にチャレンジしていただきました。うーん。むずかしい!

最近のスマホはレンズがいくつもついていて

どれにあわせればいいのか???

そのうちに東の空の雲のすき間から土星が出てきました。

「わー、すごい!」「輪がある!」

これもスマホ撮影にチャレンジです。結果は・・・。

南斗六星もほぼ全景が見られました。

いて座の散開星団も見ていただきました。

でもこれらも一瞬。

雲が全天をおおい、またしてもまったく星がみられなくなり

観望会を終了しました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

また来月もお待ちしています。

 

 

 

 

2022年08月07日
» 続きを読む