ブログ

サイト管理人のブログです。

投稿一覧

2024.5.11観望会

快晴が2日続いた3日目、朝から快晴。

午後から「晴れ」。

夕方から「くもり」。

「観望会あるある」ですね。

19:30では雲のすき間から1等星のアークツルスやスピカ、

プロキオンやポルックス、カペラが顔をのぞかせていました。

また、細い三日月も雲を通して見えていました。

ただ、「星座」となるときびしい。

参加いただいた方々には、細い月から見ていただきました。

クレーターがはっきり見えましたね。

望遠鏡で見ると、アークツルスはより明るく輝いていました。

肉眼では北斗七星から北極星、春の大曲線、春の大三角を

見ることができました。

電視観望ではおおぐま座の渦巻き銀河を見ていただきました。

北の空にはISSが西から東へとても明るく動いていきました。

今日は7時30分すぎにスターリンク衛星が見られるということで

期待しましたが、一つだけしか見えませんでした。

 

この日は太陽フレアの影響で「オーロラ」が見えるかも知れない

ということでしたが、さすがに京都ではよくわかりませんでした。

(帰ってから「なよろ市立天文台」のLiveを見ていると、空が赤くなっているのが

はっきりとわかりました。しかし人工衛星の多いこと。)

 

2024年05月12日

2024.4.13観望会

この日は午後は雲が多く、夕方は青空が見られませんでした。

夜に入ってボーッとした空でした。

ポン・ブルックス彗星もふつうの双眼鏡では

まったく見えませんでした。

対空双眼鏡を持ってきていただいた方があり、

それで見たところ、うっすらとそれらしい姿、

ボワッとした光のかたまりがやっと見えました。

この日のメインは「スターリンク衛星」

突然、天頂付近に光の帯が現れ、西から東の方向に移動していきました。

昨年見た「スターリンク」は光が点々と並んで移動するものでしたが

きっと打ち上げてすぐだったのでしょう。

点々に分離する前の光の帯でした。

しばらく移動したあと見えなくなりました。

(4月13日、午前10時(日本時間)にSpaceXは23基のスターリンク衛星を打ち上げています。)

次回は5月11日です。

2024年04月21日

2023.11.4観望会

天気予報はまあまあ当たります。

くもり時々晴れ予報でした。

午後5時には空全面くもり雲。すき間から星が見えればいいかな、程度で

あまり期待せず臨みました。

午後6時30分でももう真っ暗ですね。

雲が多かったですが、その間から木星・土星が顔を見せていたので

それがメインでした。

早くから来ていただいた方にはとりあえず土星と木星を見ていただきました。

しばらくすると天頂付近から晴れ間が広がってきました。

ペガスス座、アンドロメダ座、おひつじ座、カシオペヤ座など

見えてきました。夏の大三角もがんばっています。

望遠鏡ではET星団、二重星団、アルビレオ、

電視観望ではM31アンドロメダ銀河などを見ていただきました。

秋の星空を見ていただけたと思います。

 

今年は今回で終了です。

次回は来年4月ごろから再開します。

予定が決まればHPで連絡します。

今年一年、ありがとうございました。

2023年11月12日

2023.9.23観望会

朝から曇り空でしたが、予報は午後から晴れ。

しかし、観望会開始の時間でもほぼくもりでした。

かろうじて上弦近くの月が見えていました。

欠け際のクレーターがとてもきれいでした。

「手を伸ばせば届きそう!」でしたね。

じっくりと、くりかえし見ていただけました。

また、雲の間から土星が光っていました。

土星のリングも水平に近づいていますので少し薄いですね。

小さいけれどくっきりと見えました。

ときどき天頂近くの空があけてきました。

夏の大三角が見えていました。

アルビレオの2色の対比がきれいでした。

電視観望ではM57やM27を見ることができました。

しかし雲はずっと広がり続け、なかなか星座を見つけることができませんでした。

夜の空気は少し寒く、上着が必要な気候になりました。

昼間はまだまだ暑いですが、確実に秋は近づいていますね。

 

 

 

2023年09月29日

2023.8.26観望会

この日は朝から快晴。

ただ連日夕方ははげしい夕立。

天気予報も所により激しい雨。

SCW天気予報では、かろうじて和束だけ雨が降らなくて

雲も半分ぐらいですみそうでした。

観望会開始の午後7時30分では西の空は大きな入道雲。

大阪市は警報が出ていたようです。

でも和束は南の空に月齢10の月が輝き、夏の大三角も

よく見えていました。

 

肉眼でも、アンタレスとアークツルス、ベガでは見た目の色が

ちがいますが、望遠鏡で見るとその違いがよくわかりましたね。

星座は、はくちょう座がよくわかりました。明るい星が十字に並んでいましたね。

カシオペヤ座もきれいに見えました。

カシオペヤ座の「ET」は望遠鏡で観察できましたね。

アルビレオは2つのちがう色の星がならんで輝いていました。

 

双眼鏡で天の川をたどっていくと、星がいっぱいでした。

「今まででいちばん(たくさん)星が見えた!」

 

電視観望ではM57やM27を色鮮やかに見ることができました。

望遠鏡で目で見るのと全然違いましたね。

M31アンドロメダ銀河も見ることができました。

光で230万年もかかるほど遠くの銀河ですね。

 

土星は東の山の上に出ていました。

「土星に環があった!」ですね。

 

月はとても明るく、クレーターもよく見えました。

少し雲がかかっていたので、まぶしさは少なかったかも。

「お月さまがおどってる!!」

 

快晴とはいきませんでしたが、それなりに晴れ間があったので

いくつかの星や月、星団、星雲、銀河を見ることができ

楽しんでいただけたと思います。

遠くからお越し下さった皆さま、ありがとうございました。

また機会がありましたらどうぞお越し下さい。

 

M57 和束町 2023.7.19

2023年08月28日
» 続きを読む